スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サポーターサイトになりました。

めでたくサポーターサイトリストに載せて頂くことができました。やったね!
感想・考察で登録して頂いていますがイラストもちょこちょこ上げていけたらなーと思います。ファンアート企画もあるしね!もちろん参加しちゃいますよ!
これから少しずつ少しずつ活動していきたいと思います。あらためてよろしくお願いいたします。
それにしても音楽家枠でサティを持ってくるあたり、やはりスチパンは侮れぬ…。
サティといえば有名なのはジムノペティ、私のホームグラウンドである乙女ゲーム界隈だとジュ・トゥ・ヴでしょうか。胎児の干物だか干からびた胎児なんてみょうちきりんな名前の曲って確かサティでしたよね。ひねもすはツァン姉弟を応援しています。いいですよね。重篤なシスコンって。
スポンサーサイト

スチームパンクシリーズと私

スチームパンクシリーズのファンブログを始めるにあたり、まずは私とスチームパンクシリーズの歴史を振り返ってみたいと思います。
スチームパンクシリーズと出会ったのはシャルノスが発売される少し前でした。
私は、その年の春頃から、音楽サークルlove solfege(BGM担当であるマッツミュージックスタジオさんの松本さんが主宰されている)にすっかりはまってしまっていました。そして、松本さんがBGMを担当したゲームで評判のいいものがある、と小耳に挟んだのです。それが、1作前のインガノック。しかし、当時は発売から既に1年近く経っており、予約特典だったサウンドトラックの入手は困難と思われ、その時は購入には至りませんでした。でも、ライアーソフトさんというメーカー名とスチームパンクというジャンル名はおぼろげながら記憶に刻まれたのでした。楽曲は聴きたかったのでボーカルCD「salute!」だけはちゃっかり買っていたり。晩夏のことでした。
そして秋。マッツさんが例のシリーズのBGMを再び(正しくはこの時点で三度目なのですが)担当されると聞いた私は、情報を集めることにしました。新作の舞台は20世紀初頭のロンドン。漫画や小説の影響でこのくらいの時代の英国に多大な憧れを持っていた私の心は揺らぎました。同じくイギリスが舞台の漫画で、私の大好きなUnder the Roseの作者である船戸明里先生もご自身のブログで紹介されていたり、応援イラストに参加なさっていたり。そして、何よりも購入の決め手となったのはデモムービーでした。Dorchadasは今でも大好きな1曲です。アイリッシュやケルティック音楽が大好きな私は、ストライクゾーンど真ん中を撃ち抜かれました。アコーディオンで参加された藤野さんのファンでもありました。
自分の好きなもの(を作っている方たち)がこんなに関わっている作品が好みじゃないはずがない、と半ば確信を以て予約に踏み切りました。発売予定日の10日か1週間ほど前だったと思います。マスターアップはされていた頃だったはず。成人向けゲームの購入は初めてで、気恥かしくもありました。しかし、実際プレイしてみると覚悟していたほどきつい描写は全くなくて、むしろ詩的で美しいとさえ感じました。いわゆる濡れ場の表現がソフトな点も女性ユーザーに受けた一因ではないかと愚考します。閑話休題。予想通りシャルノスをとても気に入った私は、しかし、すぐにはシリーズの過去作品をプレイすることはありませんでした。それどころかシャルノスをプレイしてから半年ほどはゲームを一切プレイしない生活を送っていました。翌年夏の初報から、ヴァルーシアの情報は追っていましたが、発売時期はちょうど忙しくしていて結局買わずじまい。スチパンシリーズに本格的にはまったのは5作目のソナーニルからでした。
ソナーニルは、シャルノスと同じく西享が舞台。シャルノスにおける史実と虚構の混在加減も私にとっては魅力のひとつであったので、ソナーニルにも心惹かれないはずがありませんでした。ソナーニルの発売時期も、正直に言うと本当はゲームなんてプレイしている場合ではなかったのですが、結局買ってしまって、しっかり遊ばせて頂きました。今となっては、いい気分転換になっていたんじゃないかなと思います。その後、FCにまで入会してしまうのでした。
明けて1月からはセレナリアをプレイしてシリーズの原点に触れました。それ以降は、私生活の方に変化があって、スチパンシリーズをプレイする時間はなかなかとれず。私は、スチパンシリーズにはじっくり腰を据えて臨みたくて。ヴァルーシアは、購入自体はしたのですが今に至るまでプレイ出来ておりません。そんな状態でシリーズファンを名乗るのもおこがましくはあるのですが、ご容赦頂きたく存じます…。
それでも、スチパンシリーズの動向は気になり、プレイしたくなりもして(それが故にソフトだけはあるのですヴァルーシア…)。ずっと気になっていたインガノックもDL版に移行したことだしそろそろ購入し時だろうか、と悩んでいた矢先のフルボイスリメイクの発表でした。
そして、今年の怒涛のスチームパンク攻勢。
ファンディスク、ウルタール、カルシェール、ソナーニルのコンシューマ移植、シリーズ最新作ガクトゥーン。ティルヒアも忘れてはいけません。
ますます広がっていくスチパンワールドから目が離せなくて、また、どうせならこのお祭り騒ぎに乗っかってみたいという気持ちもあって。こうして、ブログ開設の運びと相成りました。
本当はその時点で世に出ているシリーズ作品のすべてを尽くしてから、と思っていたのですが。それではいつまでも始められないような気がしたのです。まだ知らない物語にはこれから触れて覚えて行こうと思います。
至らない所の多い、未熟な私ですが、スチームパンクシリーズが好きだという気持ちに嘘偽りはありません。
好きだーという気持ちをたくさんたくさん込めて、このブログを運営していけたらと思っています。
お気が向いたときにでも覗いて頂けたら望外の喜びでございます。どうぞ、いつでもお越しくださいませ。

ティンダロス:Twitpicより再掲

隻眼のティンダロス

ライアーソフトさんとイノセントグレイさんのコラボ企画、隻眼のティンダロスより少女A&B。
隻眼のティンダロスはスチームパンクシリーズとは異なる世界設定のようですが、桜井先生のノベルを読むと、やはりスチパン作品と近しい匂いを感じました。とても素敵なお話と楽曲ですので、未体験の方はぜひ一度お聴きになってみてくださいませ。Ritaさんと霜月さんのツインボーカルの美しさと言ったら…。
一応デジタルです。銃がどう見ても着火マンです。陰影を付けるに至らなかった事には悔いが残ります。
初投稿日:2012年10月13日

セバス:Twitpicより再掲

セバス

漆黒のシャルノスより、セバス。10月5日、渚にて的な意味でFVR終章をリアルタイムプレイしようとして失敗したのでした。実はシャルノスをプレイするのは今回が都合3回目にあたります。アナログに戻りました。
初投稿日:2012年10月7日

ネオン

ネオン

ようやく、当ブログのメインテーマたるガクトゥーンよりネオンの登場です。
こちらもTwitpicに投稿したものですが、あろうことかタイツ(ストッキング…?)を履かせ忘れたので(!)ブログの方には修正版を掲載しておきます。スカートのデザインも間違えていますね…。慣れないデジタルでぺたぺたペンキ塗りを試みてみました。ビリビリ感、出てますか…?
初投稿日(一応…):2012年9月11日

ミリア:Twitpicより再掲

ミリア

紫影のソナーニルより、ミリア。リリィが初めて出会ったのが彼女でよかったと本当に思います。美しく、強い女性。綺麗なミリア。こちらは、鉛筆画になります。
初投稿日:2012年8月23日

アティ:Twitpicより再掲

アティ

今年(2012年)の夏からSNS(Twitterです)で時々イラストを投稿するようになりました。スチームパンクシリーズで初めてアップしたのはこのアティです。このイラストを描く少し前にインガノックのフルボイスリボーン版をプレイしていたのでした。こちらもアナログです。
初投稿日:2012年6月28日

紫影のソナーニルファンアート企画参加作品

ソナーニルファンアート企画参加作品

ライアーソフト「紫影のソナーニル」ファンアート企画に参加したときの作品です。リリィとA。この時はまだペンタブレットを持っていなかったので、文字入れなどのちょっとした加工以外はすべてアナログです。
使用フォントはThis is Typography様のDivoというフォント。
初投稿日:2010年12月17日
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

ひねもすひるね

Author:ひねもすひるね
メスメル学専攻の学生。
スチームパンクシリーズが大好き。

応援中
黄雷のガクトゥーン スチームパンクシリーズポータルサイト
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。